MENU
ご訪問ありがとうございます!当ブログではついに新車で手に入れた日産NV350キャラバンライダーブラックラインの情報を余すことなくお伝えしていきたいと思っています!車購入までの流れや、簡単なDIY整備、カスタムネタ、パーツレビューなど随時更新中です!キャラバンオーナーの方々や、そうでない方々も、どうかよろしくお願い致します。コメントやご意見もお待ちしております!
カテゴリー

エアクリーナー ハウジングカバー 塗装

フロントジャッキアップついでにエアクリナーの点検をしてみました。

※エアクリーナーの分解方法はこちらから。

エアクリーナーは数日前のディーラー1年点検にてチェック項目になっていて、しっかり「レ」点が付いていたところ。※異状なしという意味。

が、、、、

エアクリナーハウジングを開けて見ると、すんごいホコリが!!!

どうやらディーラーではここは開けていないっぽいですね(笑)そもそも、エアクリハウジングを固定している蝶ネジには汚れが付着したままで、触った形跡すらないですからね!

ブレーキパッドなどは分解してグリスアップしてあるのを確認しましたが、比較的新しいクルマ(新車)のこういった目に見えず、さほど重要ではない部分は点検の省略(手抜き)をするのは割と普通なことと現役先輩整備士からも情報を得ていたので特に驚きもしませんが、これが現実です。

ディーラーに頼めばチェック項目を完璧に点検してくれるというのは迷信で、実際には時間に押されて作業しているので、どうしても仕方ないのだとか!?

当然、重要箇所はしっかり点検しているので、その辺は信頼できると思います。

全部の点検箇所を完璧に点検しているディーラーもあるのかも知れませんが、「ディーラーなら完璧だ」という過剰な期待はどうかといった感じですね。

なかには、走行距離が少ない新車後1発目の車検時なんかは、ほとんど目視のみの点検で車検を完了させちゃってるディーラーもあるのだとか!?恐ろしいですね(汗)

ユーザー車検ならともかく、点検整備料を取っているのであれば、しっかりとした整備をしてもらいところです。

目次

カバーの錆び

話が多少脱線しましたが、今回のメインはこちらです!エアクリハウジングカバーの錆びです。前に分解したときは錆びて無かったのですが、こんな感じに錆びてきてます。というか、なんでここだけ塗装されていないのかが問題・・・

これ以上錆が進行しにくくするため、家にあった適当な缶スプレーで塗装することにしました。中性洗剤でしっかり洗い、乾かします。

つや消しブラックで塗装!気休めではありますが、錆びは見えなくなり、多少は進行し難くなったはずです。

エアクリーナーエレメントもしっかりエアブローし、ハウジングを戻して作業は完了!今日も良いDIY整備ができました♪

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 点検したレ点チェックしといて未確認。
    それでいて、お代を取る・・・
    これは、詐欺に当たらないのでしょうか?

    整備士にもよると思いますが、
    どこのDra-も、大して変わらんのですねぇ・・・

    ローテーションして、回転方向が書いてあるのにクロスさせて、
    逆さに付けるス〇ルdra-もありますからね(笑)

    自分の車は自分の目で見ないと、安心できないですね(;^_^A

    • マッハ☆イッタさん
      現実はどうしても省く箇所があるのかもしれません・・・
      過度にDを信頼するのも良し悪しですね♪スバ○のDもなかなかやばいですね(笑)

コメントする

画像を追加できます (JPEGのみ)

目次
閉じる