MENU
カテゴリー

NV350キャラバン リコール一覧【随時最新更新】

NV350(E26)キャラバン、発売から現在までのリコール一覧です。

※リコール対象車の詳細については販売店または日産公式ホームページでご確認ください。
※リコール対象車の製作期間は、購入の時期とは限りませんのでご注意を。
※車台番号については、車検証に記載されています。

目次

2021年7月16日(トルクコンバーター部品の不良)

対象車両、2017年(平成29年)5月15日~2019年(令和元年)10月30日の期間に製造された一部車両、合計31966台。5型式。

リコール内容オートマティックトランスミッションにおいて、トルクコンバータのロックアップクラッチを固定するリベット寸法が不適切なため、強度不足によりリベットが破損する恐れがある。破損した場合、リベットの破損片による摩擦材の異常摩耗等が発生して、トルクコンバータのロックアップが出来なくなり警告灯が点灯、最悪の場合、摩耗粉によりオイルストレーナーが目詰まりを起こし、オイルポンプの油圧が低下し、走行不能になる場合もある。
改善内容トルクコンバーターを対策品に交換。特定の故障コードを確認した場合はトランスミッション本体の交換となる。
型式車台番号の範囲製作期間対象車の台数
LDF-CW4E26CW4E26-003072
~CW4E26-101138
平成29年5月15日
~令和元年10月29日
1,141台
LDF-CW8E26CW8E26-006827
~CW8E26-102537
平成29年5月15日
~令和元年10月28日
2,611台
LDF-DW4E26DW4E26-000729
~DW4E26-100265
平成29年5月18日
~令和元年10月12日
262台
LDF-VW2E26
VW2E26-032863
~VW2E26-116302
平成29年5月15日
~令和元年10月29日
15,517台
LDF-VW6E26
VW6E26-022484
~VW6E26-112231
平成29年5月15日
~令和元年10月30日
12,435台

2019年9月6日(PTCヒーター配線不良)

(2012から2019年生産車の一部※寒冷地仕様車および4WDディーゼルエンジン仕様のチェアキャブ車)

リコール内容暖房補助のPTCヒータのハーネスのハーネス電線径が適切でないため、PTCヒータを最大出力で連続作動すると、発熱によりコネクタ端子が変形することがあります。そのままの状態で使い続けると、端子部分が高温になり最悪の場合コネクタが焼損し、車両火災に至るおそれがあります。
改善内容PTCヒータハーネスを対策品に交換。また、コネクタ端子部を点検し、不具合がある場合はPTCヒーターを新品に交換。その際、PTCヒーターの交換品が欠品の場合、部品調達までの間、一時的にPTC機能を停止する処置を取ります。

型式車台番号の範囲製作期間対象車の台数
LDF-VW6E26VW6E26-000005
~VW6E26-108899
平成24年6月16日
~平成31年2月12日
18,072台
LDF-VW2E26VW2E26-000007
~VW2E26-111628
平成24年6月21日
~平成31年2月12日
2,307台
LDF-CW8E26CW8E26-000005
~CW8E26-101834
平成24年6月27日
~平成31年2月12日
7,135台
LDF-CW4E26CW4E26-000034
~CW4E26-100812
平成24年8月7日
~平成31年2月5日
341台
LDF-DW4E26DW4E26-000003
~DW4E26-100187
平成24年11月21日
~平成31年1月31日
244台
(計5型式)(製作期間全体の範囲)
平成24年6月16日~平成31年2月12日
合計 28,099台

2019年2月1日(プーリーベアリング耐久性不足)

(2012から2018年生産車の一部)

リコール内容発電機の補機ベルト張力に対し、プーリー内のベアリングの耐久性が不足しているため、使用過程で該当ベアリングが破損する恐れがる。 それにより、エンジン回転変動を上手く吸収することができず、ベルト張力が増加、そのまま使い続けると、駆動するパワーステアリングポンプブラケットが破損して、最悪の場合、パワーステアリングポンプが作動不良となり、パワステが大幅に重くなる恐れがある。
改善内容発電機や補機ベルトを対策品と交換。なお、該当発電機プーリー内ベアリングを点検して固着が認められた場合、パワステポンプをアッセンブリー新品交換。

型式 車台番号の範囲製作期間対象車の台数
CBF-VR2E26VR2E26-000005
~VR2E26-111420
平成24年5月11日
~平成30年8月8日
54,884台
CBF-CS4E26CS4E26-000011
~CS4E26-102355
平成24年6月26日
~平成30年8月8日
13,532台
CBF-CS8E26CS8E26-000001
~CS8E26-000154
平成29年12月5日
~平成30年9月25日
75台
CBA-KS2E26KS2E26-000003
~KS2E26-101471
平成24年5月16日
~平成30年8月9日
7,164台
CBA-KS4E26KS4E26-000007
~KS4E26-100384
平成24年6月26日
~平成30年8月6日
2,105台
CBF-DS4E26DS4E26-000001
~DS4E26-100191
平成24年11月27日
~平成30年8月8日
684台
CBF-DS8E26DS8E26-000001
~DS8E26-000134
平成30年1月30日
~平成30年9月21日
126台
(計7型式)(製作期間全体の範囲)
平成24年5月11日~平成30年9月25日
合計78,570台

2018年9月7日(イグニッションスイッチ不良)

(2016から2018年生産車の一部)

リコール内容イグニッションスイッチのポジション保持用スプリングが、成形設備のメンテナンス不適切なため、成形時に傷がついたものが存在。それにより度重なる、イグニッションキー操作により当該スプリングが破損、イグニッションキーに多数のキーホルダー等や重量物を装着していると、走行中の振動等でイグニッションキーがONの位置以外に回転してしまい、車両電源が寸断されエンジンが停止するおそれがあります。この状態だと万が一のときエアバッグも作動しないので危険です。
改善内容 イグニッションスイッチを対策品と交換。

型式 車台番号の範囲製作期間対象車の台数
CBF-VR2E26VR2E26-040855
~VR2E26-104371
平成28年12月22日
~平成29年12月22日
4,505台
LDF-VW2E26VW2E26-029106
~VW2E26-102952
平成28年12月22日
~平成29年12月28日
3,405台
LDF-VW6E26VW6E26-020166
~VW6E26-102258
平成28年12月22日
~平成30年1月8日
2,231台
LDF-CW8E26CW8E26-006275
~CW8E26-100057
平成28年12月22日
~平成29年7月6日
722台
LDF-CW4E26CW4E26-002870
~CW4E26-100029
平成28年12月22日
~平成29年7月7日
252台
CBF-CS4E26CS4E26-010158
~CS4E26-100085
平成28年12月22日
~平成29年7月12日
1,209台
CBA-KS2E26KS2E26-005083
~KS2E26-100034
平成28年12月22日
~平成29年7月6日
630台
CBF-DS4E26DS4E26-000466
~DS4E26-100006
平成28年12月22日
~平成29年7月14日
55台
LDF-DW4E26DW4E26-000661
~DW4E26-100006
平成28年12月23日
~平成29年7月10日
74台

2018年03月30(バキュームポンプオイルホース耐久性不足)

(2012から2015年生産車の一部)

リコール内容ディーゼルエンジンのバキュームポンプにおいて、オイルホースの耐久性が不足している。そのため、オイル圧力の変動により該当ホースが亀裂を発生するものがあります。そのままの状態で使い続けるとエンジンオイルが漏れ、最悪エンジンオイル潤滑が不十分となりエンストし、再始動不能となる場合があります。
改善内容該当バキュームポンプのオイルホース交換

型式 車台番号の範囲製作期間対象車の台数
LDF-VW2E26VW2E26-000018
~VW2E26-018626
平成24年6月16日
~平成27年5月20日
17,977台
LDF-VW6E26VW6E26-000011
~VW6E26-013459
平成24年6月16日
~平成27年5月21日
13,204台
LDF-CW4E26CW4E26-000007
~CW4E26-001902
平成24年6月26日
~平成27年5月20日
1,831台
LDF-CW8E26CW8E26-000008
~CW8E26-004104
平成24年6月27日
~平成27年5月20日
4,048台
LDF-DW4E26DW4E26-000005
~DW4E26-000358
平成24年11月21日
~平成27年4月23日
325台
(計5型式)(製作期間全体の範囲)
平成24年6月16日~平成27年4月23日
合計 37,385台

2016年07月29(デフオイルシール密閉不良)

(2012から2016年生産車の一部)

リコール内容リアアクスルのデフオイルを密封するオイルシールの形状が不適切なため、アクスルケースとオイルシールの密封性が低いものがある。そのため、アクスル内の圧力変化でデフオイルが漏れ、そのまま使用を続けると、後輪ドラムブレーキ内部に浸入し、ブレーキシューにデフオイルが付着する恐れがあります。後輪の制動力が低下して最悪、坂道で駐車ブレーキが効かなくなる恐れもあります。
改善内容当該するオイルシールを対策品と交換します。同時にベアリング、および、ブレーキシューの点検。デフオイルの付着が合った場合、ベアリング又はブレーキシューを新品と交換します。

型式車台番号の範囲製作期間対象車の台数
CBF-VR2E26VR2E26-000005
~VR2E26-031417
平成24年5月11日
~平成28年1月23日
30,725台
LDF-VW2E26VW2E26-000012
~VW2E26-022886
平成24年6月16日
~平成28年1月27日
22,515台
LDF-VW6E26VW6E26-000011
~VW6E26-015932
平成24年6月16日
~平成28年1月23日
15,836台
LDF-CW4E26CW4E26-000007
~CW4E26-002334
平成24年6月26日
~平成28年1月22日
2,297台
LDF-CW8E26CW8E26-000001
~CW8E26-005138
平成24年6月27日
~平成28年1月21日
5,112台
CBF-CS4E26CS4E26-000003
~CS4E26-008187
平成24年6月26日
~平成28年2月3日
8,139台
CBA-KS2E26KS2E26-000003
~KS2E26-003889
平成24年5月16日
~平成28年1月19日
3,850台
CBA-KS4E26KS4E26-000007
~KS4E26-001271
平成24年6月26日
~平成28年1月19日
1,250台
CBF-DS4E26DS4E26-000001
~DS4E26-000369
平成24年11月27日
~平成28年1月18日
360台
LDF-DW4E26DW4E26-000003
~DW4E26-000505
平成24年12月4日
~平成28年1月22日
488台
(計10型式)(製作期間全体の範囲)
平成24年5月11日~平成28年2月3日
合計 90,572台

2016年1月29日(ダイナモとDPFの不良)

(2012から2015年生産車の一部)

リコール内容①ディーゼルエンジン車(YD25DDTi)の発電機(ダイナモ)において、補機ベルトの圧力に対して プーリー内ベアリングの耐久性が不足。それによりエンジンの回転変動の繰り返しにより当該するベアリングが破損するものがあります。そのまま使用を続けると、当該プーリーが脱落して充電警告灯が点灯、最悪の場合、走行中にエンストし再始動できなくなる恐れがあります。
②ディーゼルエンジン車(YD25DDTi)のDPF(ディーゼル粒子状物質除去装置)において、高負荷運転後の再生(捕集した粒子状物質の燃焼除去) 時に、排気ガス温度が高い場合があります。そのとき排気管出口付近に燃えやすい草などがある場所に停車してDPF再生を行った場合、火災の恐れがあります。
改善内容①当該発電機(ダイナモ)および補機ベルトを対策品と交換。寒冷地仕様車は、エンジン制御コンピュータを対策品の発電機に適合したプログラムに書き換え。
②エンジン制御コンピュータのプログラムを書き換え、修正。

型式車台番号の範囲製作期間対象車の台数
LDF-VW2E26VW2E26-000003
~VW2E26-017110
平成24年6月16日
~平成27年3月11日
①15,425
②16,921
LDF-VW6E26VW6E26-000001
~VW6E26-012444
平成24年6月16日
~平成27年3月10日
①11,301
②12,376
LDF-CW8E26CW8E26-000001
~CW8E26-003856
平成24年6月27日
~平成27年3月10日
①3,445
②3,836
LDF-CW4E26CW4E26-000005
~CW4E26-001765
平成24年6月26日
~平成27年3月10日
①1,583
②1,742
LDF-DW4E26DW4E26-000003
~DW4E26-000331
平成24年12月4日
~平成27年3月10日
①275
②318
(計5型式)(製作期間全体の範囲)
平成24年6月16日~平成27年3月11日
合計
①32,029
②35,193

2015年10月2日(ブレーキの不良)

(2012から2013年生産車の一部)

リコール内容車室内側ブレーキブースタのホース位置が不適切な為、運転者の足が当たる恐れがある。それにより該当ホース接続部を強く踏み込んでしまった場合、接続部が外れ、ブレーキが効きにくくなる恐れがあります。
改善内容該当ブレーキブースタのホース接続部に保護カバーを取り付ける。該当ホースが外れかけている場合は適切に組みなおす。


型式車台番号の範囲製作期間対象車の台数
CBF-VR2E26VR2E26-000005
~VR2E26-011071
平成24年5月11日
~平成25年7月9日
10,860台
LDF-VW2E26VW2E26-000012
~VW2E26-007185
平成24年6月16日
~平成25年7月8日
7,084台
LDF-VW6E26VW6E26-000011
~VW6E26-005244
平成24年6月16日
~平成25年7月10日
5,205台
CBF-CS4E26CS4E26-000003
~CS4E26-002003
平成24年6月26日
~平成25年7月10日
1,975台
LDF-CW8E26CW8E26-000001
~CW8E26-001366
平成24年6月27日
~平成25年7月8日
1,353台
LDF-CW4E26CW4E26-000007
~CW4E26-000721
平成24年6月26日
~平成25年7月8日
702台
CBA-KS2E26KS2E26-000003
~KS2E26-001175
平成24年5月16日
~平成25年7月8日
1,154台
CBA-KS4E26KS4E26-000007
~KS4E26-000384
平成24年6月26日
~平成25年7月8日
373台
CBF-DS4E26DS4E26-000001
~DS4E26-000047
平成24年11月27日
~平成25年7月6日
43台
LDF-DW4E26DW4E26-000003
~DW4E26-000089
平成24年12月4日
~平成25年7月5日
82台
(計10型式)(製作期間全体の範囲)
平成24年5月11日~平成25年7月10日
合計 28,831台

2014年2月14日(インタークーラークランプの不良)

(2012から2013年生産車の一部)

リコール内容ディーゼルターボエンジン(YD25DDTi)搭載車において、スロットルチャンバーに接続しているインタークーラーホース用クランプの結束力が不足している物がある。そのままの状態で使い続けるとエンジン振動などでホースが抜け、加速不良を起こす他、最悪エンストを招く。
改善内容ホースクランプを対策品と交換

型式車台番号の範囲製作期間対象車の
台数
LDF-VW2E26 VW2E26-000002
~VW2E26-008837
平成24年6月16日
~平成25年10月28日
8,793台
LDF-VW6E26VW6E26-000002
~VW6E26-006461
平成24年6月16日
~平成25年10月19日
6,442台
LDF-CW8E26CW8E26-000001
~CW8E26-001754
平成24年6月27日
~平成25年10月19日
1,750台
LDF-CW4E26CW4E26-000005
~CW4E26-000926
平成24年6月26日
~平成25年10月18日
917台
LDF-DW4E26DW4E26-000003
~DW4E26-000113
平成24年12月4日
~平成25年10月18日
108台
(計5型式)(製作期間全体の範囲)
平成24年6月16日~平成25年10月28日
合計 18,010台

2013年12月13日(マフラーの不良)

(2012から2013年生産車の一部)

リコール内容消音器の前側排気管フランジ溶接部の強度が不足しており、そのまま使用を続けると亀裂が生じ、騒音規制値を満たせない恐れがある。
改善内容排気管一式を対策品と交換。

型式車台番号の範囲製作期間対象車の台数備考
CBF-VR2E26VR2E26-000005
~VR2E26-006536
平成24年6月13日
~平成24年12月27日
287台MT変速機搭載車
(計1型式) (製作期間全体の範囲)
平成24年6月13日~平成24年12月27日
合計 287台

2013年8月23日(福祉車両車いす固定不良)

(2012から2013年生産車の一部)

リコール内容電動式車いす固定装置が固定ベルト解除時のモータ停止方法が不適切なため、 モータ停止時にギヤが固着することがある。当該車いす固定装置を使用する際に当該モータが作動せず、車いすを固定できなくなる恐れがある。
改善内容対策品と交換。

型式車台番号の範囲製作期間象車の台数
CBF-CS4E26改CS4E26-000039
~CS4E26-001492
平成24年8月7日
~平成25年3月25日
734台
LDF-CW8E26改CW8E26-000047
~CW8E26-000961
平成24年8月24日
~平成25年3月26日
336台
DF-CW4E26改CW4E26-000063
~CW4E26-000525
平成24年8月24日
~平成25年3月23日
56台
(計3型式)(製作期間全体の範囲)
平成24年8月7日~平成25年3月26日
合計 1,126台

2013年3月1日(燃料漏れの恐れ)

(2012から2013年生産車の一部)

リコール内容乗車定員10人のスーパーロング仕様において、座席シート固定用ブラケットの溶接時に使用する治具の固定が不十分なため、 当該ブラケットが傾いたものがあります。座席シート組み付け工程で当該ブラケットの修正を行なった際に、当該ブラケット下部にある燃料タンクを損傷させたものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがあります。
改善内容燃料タンクを点検し、損傷している場合、新品交換。

型式車台番号の範囲製作期間対象車の
台数
CBA-KS4E26KS4E26-000007
~KS4E26-000217
平成24年6月26日
~平成25年1月23日
202台
(計1型式)(製作期間全体の範囲)
平成24年6月26日~平成25年1月23日
合計 202台

2012年10月5日(電気系統の不良)

(2012から2013年生産車の一部)

リコール内容運転席下の金属製電気配線保護カバーの端部処理が不適切(端部が鋭い)のため、当該カバー組付け時に電気配線を傷つけたものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、傷ついた電気配線が当該カバーと接触して短絡するおそれがあり、最悪の場合、後退灯の不点灯や走行中にエンストして再始動しなくなるおそれがあります。
改善内容当該電気配線保護カバーを対策品と交換するとともに、電気配線を点検し、被覆が損傷しているものは修復し、電線が損傷しているものは当該電気配線を新品と交換します。

型式車台番号の範囲製作期間対象車の台数
CBF-VR2E26VR2E26-000044
~VR2E26-002710
平成24年5月11日
~平成24年7月27日
2,643台
LDF-VW2E26VW2E26-000018
~VW2E26-000849
平成24年6月16日
~平成24年7月27日
805台
LDF-VW6E26VW6E26-000011
~VW6E26-000511
平成24年6月16日
~平成24年7月27日
492台
CBF-CS4E26CS4E26-000011
~CS4E26-000061
平成24年6月26日
~平成24年7月25日
37台
LDF-CW4E26CW4E26-000007
~CW4E26-000047
平成24年6月26日
~平成24年8月6日
35台
LDF-CW8E26CW8E26-000008
~CW8E26-000025
平成24年6月27日
~平成24年8月1日
14台
CBA-KS2E26KS2E26-000012
~KS2E26-000134
平成24年5月15日
~平成24年7月27日
116台
CBA-KS4E26KS4E26-000007
~KS4E26-000021
平成24年6月26日
~平成24年7月12日
10台
(計8型式)(製作期間全体の範囲)
平成24年5月11日~平成24年8月6日
合計 4,152台

※リコール内容、改善内容は日産公式ホームページからの引用です。詳細は日産公式ホームページでご確認ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • うわぁ~ ウチのNV 2021年7月16日のリコール対象にはいってますは。
    これってトルコン分解ですかね?
    ATF交換したばかりなのに、タイミングが悪すぎます。

    • ゆきおさん
      まじですか!
      たぶん分解だと思います、、、ちょっと早まりましたね(汗)

  • こんにちは。
    2021/7/16のリコール ウチのNV、やっぱり対象に入っていました。
    今回 車検が近かったので一緒に対応してもらいました。
    作業内容は、トルクコンバータをまるっと交換したそうです。

    一定のエラーが出てればミッションまるごと交換だそうですが、そいった場合は体感出来る何かしらの症状(不具合)が出ているそうです。

    ウチのは別段問題無かったので、修理後も変化は感じられませんでした。
    もちろんATFも交換されました。
    トルコン太郎で交換後200kmしか走ってなかったので勿体ない気もしますが、新油に変わって溶け出した汚れが多少なりとも綺麗になったと思い、自分を納得させます。

    • ゆきおさん
      こんにちは!
      情報ありがとうございます!
      対象に入っていましたか、、、
      プラス思考は良いと思いますよ!

コメントする

画像を追加できます (JPEGのみ)

目次
閉じる