MENU
カテゴリー

NV350キャラバンと200系ハイース 販売台数比較

NV350(E26)キャラバンが発売された2012年以前の4ナンバー小型貨物車におけるキャラバンとハイエースの販売台数比率は、200系ハイエース(レジアスエース含む)が圧倒的で、8~9割のシェアと言われていました。

NV350キャラバンが発売されてから2017年で5年。道路を走っているとまだまだハイエースの遭遇率には敵わないものの、NV350キャラバンを見かけることも多くなってきたのも事実!

そこで今回は、順調にハイエースを駆逐できているのか気になったので、2012~2017年までの販売台数を比較してみました!

2012年のデータは前モデルのE25キャラバンも含まれいるのであまり参考になりませんが、2013年からは完全に200系ハイエースとNV350の比較です。

 キャラバンハイエース(レジアスエース含む)
2012年15,492 49,626
2013年18,637 51,074
2014年17,59554,770
2015年19,27261,830
2016年20,957 59,804
2017年(4月まで)7,861 21,333
※小型貨物(4ナンバー区分)の販売台数で1ナンバーは含まれていません。

目次

ハイースの牙城は強し

年々販売台数は増えているものの、ハイエースのシェアをひっくり返すのは相当困難という事が分かりますね・・・

しかし、NV350キャラバンは2017年夏に大幅なマイナーチェンジが行われ、外装変更、内装快適装備、そして安全装置が充実します!

マイナーチェンジを契機に更なる駆逐が予想されますので、ハイエースもうかうかしていられなくなるのではないでしょうか!?

とは言うものの、ハイエースも新型フルモデルチェンジが近いとされていますので、NV350を一気に突き放す秘策があるのかもしれませんね。

いずれにせよNV350の登場で、以前モデルのE25よりはハイエースとの差は埋まって来たことは間違いありません!

互いのメーカーで競い合い、両メーカーで小型貨物にイノベーションを起して欲しいものです!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

画像を追加できます (JPEGのみ)

目次
閉じる