MENU
カテゴリー

家にあるものでクルマにこびり付いた虫の死骸を除去してみた

この前夜間走行中、フロントパネルに虫らしきものがパッカ~ンと当たりました。

次の日、洗車していると、やはり虫が当たった様で、死骸の液体がガッツリこびり付いていました。

これは高圧洗浄機でも取れなかったので、無理やり擦るとボディに傷が付きそうな予感・・・鳥の糞や虫の死骸はマジ厄介な汚れです。

こんなとき、市販の虫取りクリーナー【Amazon】などを使えば結構効果あるのですが、今回は持ち合わせておりません。

なので、自己流で虫の死骸痕を除去することに!!

目次

洗剤に浸す

自己流とは言え、やり方はシンプルです(笑)まずは中性洗剤で極力擦らずに手洗い。

やはり、ただ洗っただけでは虫の死骸は痕は落ちません。

そこで、このようにスポンジに洗剤をつけた状態で5分位虫の死骸のところに浸します。床屋の髭剃り時、蒸しタオルで毛を柔らかくするのと同じ感覚でしょうか!?

スポンジを持っているのが面倒な場合、洗剤だけで浸しても良いと思います。さらに面倒な場合、洗剤を染みこませたティッシュペーパーをぺたっと貼っておくのもありですね!

兎に角死骸に十分水分を与えて柔らかくしてふやかせばOKですね!お湯でやるとさらに効果あります。

あとは再度スポンジで洗剤洗浄すると、見事死骸の痕は除去できます!

ちなみにこの方法は炎天下ではボディにシミが付きますので、日陰での作業限定ですね!

夏の夜は虫だらけ

これから暖かくなると、夜間は虫だらけ。毎回の手入れが面倒なので、市販の虫とりクリーナー買っておこうと思います。。。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

    • マッハ☆イッタさん
      そうですね!洗剤を染みこませたティッシュペーパーをぺたっと貼ってふやかすと良いですよね!

コメントする

画像を追加できます (JPEGのみ)

目次
閉じる