MENU
カテゴリー

スーパーブラック(黒い車)を綺麗に維持する方法・洗車の仕方とグッズ紹介

自分のNV350キャラバンは汚れや洗車傷が目立って大変と言われているボディカラーの「スーパーブラックKH3」です。新車購入から2年、その後ボディや塗装の状態はどうかと言いますと、未だにピカピカで、新車時の輝きを保っていると思います!目立つ磨き傷や洗車傷も無しです!先日車検時にディーラーに入庫した際も、ピカピカなのでディーラーの方も驚いていました(笑)

新車購入時から今まで、プロに任せたボディーコーティングというものは一切していません!洗車も全て自分で行ってきました。ということで今回は、今までどんな感じで洗車や手入れをしてきたのか!?自分なりのメソッドをシェアしたいと思いますので、スーパーブラックやソリッド黒系のクルマを所持している方の参考になれば幸いです。

※今回の記事は自分なりの方法ですので、このやり方がスーパーブラックを綺麗に保つための最善の方法、正解という訳ではありません。あくまでも個人の感想ですので参考程度にして頂ければと思います。

目次

洗車の仕方

普段自分が行っている洗車方法は以下のような感じです。新車購入時から大体このやり方です。

1.高圧洗浄機で大まかな汚れ落し

2.泡立てた中性又はアルカリ性洗剤でシャワー流水しながらスポンジ洗浄

3.スポンジ泡洗浄したところが乾く前にしっかりすすぎ

4.塗れたボディーにスマートミスト傷消しタイプをスプレーして拭き上げ

※洗車時は金属ファスナー付きの衣類や指輪、腕時計をしながら作業すると間違ってボディに触れ、傷が付く恐れがあるので、外すようにしています。

大体こんな感じで汚れが目立ってきたら洗車しています。しかし、マメに洗車していてもある程度の期間が経つと、ボディに水垢やイオンデポジット、ウォータースポットと呼ばれるシミが多少付いてしまいます。

そんなときはクレのLOOXを使って洗車後にボディー全体を磨いています。クレのルックスは0.7ミクロンの微粒子コンパウンドとカルナバを含む3つのWAX成分を配合した簡易ワックスで、ちょっとしたシミやイオンデポジット、ウォータースポットなら綺麗に除去できます。大体3ヶ月に一回位はクレルックスを使っています!使いやすいのでお気に入りのアイテムです。

一度クレルックスを使ったら、ボディがシミ等が出来るまではまた上記の洗車方法のみとなります。自分の場合、このような感じでスーパーブラックのクルマを維持していますが、今のところ綺麗なボディ常態を維持できていると思います。

洗車グッズ紹介

NV350キャラバンの洗車やカーケアに使用しているアイテムを詳しくご紹介してみたいと思います。

ケルヒャー高圧洗浄機K5

新車購入当初は洗車場での高圧洗浄をしていましたが、洗車場に行くのが面倒になりケルヒャー高圧洗浄機を購入!家庭用最強圧(12MPa )最上位モデルのK5サイレントです。ケルヒャー高圧洗浄機の下位グレードは動作音がうるさいですし、圧も弱いのでおすすめ出来ませんが、K5は快適そのものです!ホースを収納するリールがあるのも家庭用ではこのモデルだけです!

これが地味に便利で、洗浄機のセットと片付けが容易です!ホースの片付けと収納は嵩張りますし、意外と面倒ですからね!K5は値段が張りますが、通販だと4万円前後で買えますので、これからケルヒャーを購入予定の方にはおすすめできます。欠点として重いしデカイのでその点だけ注意して下さい!

ホースリール

高圧洗浄機使用後の泡手洗い洗車のときはこちらのホースリールを使っています。シャワー機能があるノズルは必須アイテムですね!

バケツ

バケツは折りたたみ可能な伊勢藤製ソフトバケツ8型(7.8リットル)を愛用しています!通常のバケツだと嵩張りますが、このバケツは使用しないときは折りたためるので省スペース化出来ます!くびれがあるところで任意に深さ調整できるのも便利ポイントの一つですね!洗車に限らずアウトドアなど、様々なシーンで活躍できる便利なバケツです!日本製なので品質もグッド!一年以上使ってますが全くw壊れてないです。

洗車スポンジ

洗車スポンジはホームセンターで買った物を長いこと使ってます。メーカーはなどは忘れましたが、マイクロファイバーが沢山付いている(生えている)タイプですね。因みに似たようなモップ状のスポンジで、クロスが輪の様に生えているものがありますが、そのようなタイプは輪がワイパーやエンブレム、バイザーの角に引っかかるので買わない様にしています。

中性又はアルカリ性洗剤

洗剤は家庭用洗剤の定番「ママレモン(中性)」を使用することが多いですが、他の家庭用洗剤を使用したり、クルマ用洗剤を使う事もあります。その際は中性かアルカリ性の液性の物を選んで使用しています。強酸性のものは鉄部の錆を促進するので使用しないようにしています。ちなみにクルマ用洗剤はアルカリ性の物が多い気がします。

タオル

タオルはボディ拭き上げ用にユニセームまたはマイクロファイバークロスを使用しています。マイクロファイバークロスはボディ拭き上げ用以外に窓用、ドアの開口部用、クレルックス用と使い分けてます。

スマートミスト傷消しタイプ

洗車すすぎ後にほぼ毎回スプレーしているスマートミスト傷消しタイプ。泡スポンジ洗浄して付いた微細な磨き傷程度は目立たなくなりますし、コーティング効果もあります!なにより扱いが楽なので好んで使用しています!基本的に詰め替え用の単価が安いものを購入して噴霧調整可能な自前の霧吹きに入れて使ってます。スマートミスト純正のスプレーボトルは霧が荒く、無駄が多いような気がします。

クレルックス

通常の洗車はスマートミストでフィニッシュしていますが、ボディにシミやイオンデポジット、ウォータースポットが目立ってきたらクレのルックスでボディケアしています。重症でない限りシミや水垢等はこれで簡単に綺麗にできます。微粒子コンパウンドなのでボディに細かい傷も付き難いです。これより粗いコンパウンドだとボディに磨き傷が目立つと思います。ボディの細かい傷をチェックするときはボディに懐中電灯の光を当てるとわかり易いです。

ガラスマイペット

主に内側の窓を綺麗にするときに使用しています。ガラスマイペットのほか、クリンビューも好んで使っています。

酸化セリウム

窓ガラスに付着した水垢、ウロコが目立ってきたときはヤナセのガラセリウムを使用しています。このガラス磨きは酸化セリウムという成分が入っています。その名の通り酸性なので効果は強力!頑固なウロコや水垢もこれで擦れば大体取れますし、薄い線傷程度も除去できます。カー用品店で売られている多くのガラス磨きも成分を見ると酸化セリウムと書かれていますが、単価が高いですので、こちらの商品を買った方がお得かと思います。このアイテムは洗車のほか浴室の鏡掃除にも威力を発揮します!ピッカピカになります♪

ガラスコーティング

ガラスのコーティングは現在ガラコのでかまるというのを使用しています。これを使用しているときはコーティングが落ちますのでガラスマイペットや酸化セリウムでガラスを掃除するのを控えています。

ミラーコーティング

雨の日の煩わしいミラーへの水滴付着を完全にシャットアウトしてくれるガラコミラーコートゼロ。施工前に酸化セリウムでミラーを完全に綺麗にしてから使用しています!ミラーコートの効果を体験すると、雨の日の運転はこれが無いと不安になってしまいます(笑)

クレタイヤルックス

タイヤワックスはあまり使わない派ですが、最近試しに買ってみたクレのタイヤルックスです。スプレーするだけでの拭き取り不要タイプ。スプレー後数十分すると液体も残らないので走行時の飛散がなく良いと思います。洗浄力と艶もいい感じです。

伸縮モップ

NV350キャラバンのような背の高い車の窓拭きとかは脚立を使用したりと結構手間が掛かりますが、最近はこの様な汎用伸縮モップの様な物を使用して窓拭きしています。本来家庭の床掃除用の物だと思いますが、ヘッドも自由に動きますのでおすすめです。ヘッド部分はタオルが簡単に脱着できる構造となっています。

まとめ

洗車の仕方には様々な方法がありますが、自分の場合だとこんな感じで洗車していて、スーパーブラックを綺麗に保てています。環境により異なると思いますが、同色系のお車にお乗りの方の参考になればと思います!

なお個人の意見ですが、黒い車で常にピカピカの状態の人は「暇人」か「金持ち」どちらかなんじゃないかと思いますね。

暇人は洗車する時間がたっぷりであると言う事、金持ちは洗車を自分でせず、常にお店に頼んでいると言った感じでしょうか!?

無論、自分は後者ではなく、前者の暇人の部類にはるのでクルマが綺麗なのではないかと思ってます(笑)

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

画像を追加できます (JPEGのみ)

目次
閉じる