MENU
ご訪問ありがとうございます!当ブログではついに新車で手に入れた日産NV350キャラバンライダーブラックラインの情報を余すことなくお伝えしていきたいと思っています!車購入までの流れや、簡単なDIY整備、カスタムネタ、パーツレビューなど随時更新中です!キャラバンオーナーの方々や、そうでない方々も、どうかよろしくお願い致します。コメントやご意見もお待ちしております!
カテゴリー

オイルフィルターの構造(中身)

普段見ることの出来ない物って、見たくなるのが人間の心理ですよね~!あんなところや、こんなところなど!?

ということで今回は、NV350キャラバンのディーゼル用(YD25DDTiエンジン)オイルフィルターをぶった切り、中身の構造を覗いてみました!

これが今回切断する使い終えた純正フィルターで、家で逆さまにしてオイルを抜いていたもの。品番はAY100-NS034。
Inside the oil filter (1)

目次

レシプロソーで切る

どうやって切るか3秒ほど考えた結果、マキタのレシプロソーで切ることにしました。手動で切ると疲れますからね!やっぱ何を言っても道具の力は偉大ですよ。
Inside the oil filter (2)

フィルターをレシプロソーでぶった切る!!最初は付け根から切っていたのですが、切れ難いので真ん中から切りました!
Inside the oil filter (3)

そしたらば簡単に切れてくれました~!真ん中はこのフィルターのデッドポイントみたいです。
Inside the oil filter (4)

フィルターが一周切れました!
Inside the oil filter (5)

中身とは!?

ぱっか~んと、フィルターが開きました。
Inside the oil filter (6)

構造を見る限り、結構単純でケースにコットンフィルターが挟み込んであるだけっぽいですね。昔他車種(乗用車)のオイルフィルターも分解したことがありますが、それに比べてYD25DDTiエンジンの内部フィルターは大きい印象です!
Inside the oil filter (8)

しばらく放置していた使い古しのフィルター内部は乳化して、グリスみたいになってました。
Inside the oil filter (7)

ということで、NV350キャラバンのオイルフィルターの中身はこういった部品で構成されていました!以上です・・・
Inside the oil filter (9)

こちらは切断の一部始終動画です!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

画像を追加できます (JPEGのみ)

目次
閉じる